二次会とは

二次会とは、宴会つまりパーティーの後に催される集まりのことをいいます。

古く日本ではメインの宴会がお開きになった後に、当時の待合茶屋や遊郭に繰り出すことがよくあり、そのことをさす隠語として使われることがありました。
しかし現在では一般に、結婚式や結婚披露宴の後に、よりカジュアルなスタイルで催されるお祝いのパーティーを二次会と呼びます。

そもそも結婚式の二次会は、新郎新婦の親しい友人達が自らお祝いのパーティーを企画したのが始まりといわれていますが、その一方新郎新婦側の要望もあり、現在でも一般的に行われています。

日本では伝統的に結婚式は神社や人前で誓いをたてる改まった儀式であることから、親族を中心に行われてきました。
またその後の披露宴にしても、招待者が新婦新郎とその両親の連名であることからもわかるように、招待客も親戚、親族の知人などが優先で、新郎新婦の友人らは限られた人数しか呼ぶことができません。
そのような場合でも、親しい友人や仲間達にも祝ってもらいたいという新郎新婦の望みを叶えてくれるのが、二次会というパーティースタイルです。

新郎新婦は、結婚式と披露宴の準備で手一杯ですから、通常は二次会の運営企画を二人の最も親しい友人に依頼します。
招待客も本人達が直接親しくしている身近な仲間が中心となります。
会場はレストランやカフェなどのこじんまりしたスペースが好まれ、内容もリラックスしものにして、面白い映像を流したり、ゲームで盛り上げたりすることが好まれます。
また、新郎新婦の同世代の仲間が集まり、互いに紹介しあうことになるので、新たな友人や恋人の出会いの場ともなります。

このように自発的に運営企画されてきた二次会ですが、現在では結婚式に二次会を行うのがいわば当たり前となり、二次会の企画運営をプロの業者に任せることもできるようになっています。

Copyright © 2014 結婚式の二次会ナビ All Rights Reserved.